PAGE TOP

商品撮影にオススメのカメラ!

ZenFotomaticサポートです。

 

今回は商品撮影にオススメのカメラを紹介していきたいと思います。

 

 

実際に商品撮影にオススメのカメラとはどんなものでしょうか?

 

実は、「商品撮影専用のカメラ」と言うものは基本的にはありません。

 

 

その為、カメラは自分自身で選ぶ必要があります。

カメラを選ぶ基準は色々ありますが、まず下記を考えて頂きたいです。

 

・何を撮るか

・連続してどのくらいの時間使うのか

・誰が使用するのか

・ライトはどうするのか

 

これが明確でないと、必要なカメラがわかりません。

わからないからと言って、一番高額なカメラを買うと場合によっては後悔します。

 

撮影した写真も交えて、その理由をご説明していきます。

 

1.何を撮るか

まず、何を撮るのかと言うのはとても重要です。

 

少なくとも、商品撮影に置いて【高速で動く物】や【暗闇の中で撮影する】と言うことはあまりないかと思います。

 

まず、そう言った場合、実はそれだけでも数十万のカメラに搭載されているスペックを必要としなくなります。

 

 

ただし、安いカメラでは撮れない商品があります。

 

 

・ジュエリーなど小さく極めて撮影が難しいとされる商品

 

 

 

これはレンズの付け替えが必要になってきます。

 


これは左から一眼レフ・コンパクトデジカメ・スマホで撮影した画像です。

セットは何も変えておらず、できるだけ商品が大きく映るように撮影しました。

 

この様に、それぞれのカメラでは被写体を撮る大きさに差が出ます。

 


それぞれの画像を商品が同じ大きさになる様に切り出して見ました。

画質の違いもそうですが、一眼レフで撮影したものは輝きと奥行きが出ています。

 

 

この様に、一部の特殊な商品を撮影される際にはレンズの付け替えなども考慮して一眼レフの購入を考える必要が出てきます。


では、バッグなどではどうでしょうか?

左から一眼レフ・コンパクトデジカメ・携帯で撮影しました。

 

こちらに関しては大きな差がありませんでしたが、携帯は少し劣る感じとなりました。

 

結論としては、撮る商品が特殊ではない限り、コンパクトデジカメやスマホもありという事です。

2.連続でどのくらいの時間使うのか

カメラのバッテリーの容量は、スマホ▶︎コンパクトデジカメ▶︎一眼レフの順番で長くなります。

連続使用時間はだいたいスマホは午前中持てば良いくらい、コンパクトデジカメは約半日、一眼レフが10時間前後です。

3.誰が使うのか



グラムス株式会社
〒590-0952 大阪府堺市堺区市之町東5-2-11-3F