ZenFotomaticに最適な撮影時のライティング

画像加工の手間を最小限にする為にも商品画像のクオリティを上げる為にも、正しい撮影環境を整える事は大切です。

 

 

①背景紙と被写体の間に距離を設け、背景に可能な限りの強い光量のライトをあてる。

 

②同時に被写体にも、撮影時に被写体の輪郭が失われない程度の適量なライトをあてる。

 

この2項目をクリアすれば成功率は飛躍的に上がります。

 

こちらは商品の上から背景にライトを当て、手前からは商品にライトを当てています。

図で説明するとこのような形になります。


商品の大きさやライトの大きさに合わせて、ライトの当て方を工夫します。