他の画像加工ソフトとの違いは?

 

他の画像加工ソフトとZenFotomaticの違いに関しては、ZenFotomaticの最大の特徴である、「大量の画像に対し一括で被写体の自動認識をおこなう事ができる」点です。

 

さらに、ZenFotomaticはイーコマースを理解した我々ZenFotomaticチームがネットショップで用いられる商品画像に特化し、開発している点が、他のソフトウェアと異なる点です。

 

尚、一部の画像編集ソフトウェアに備えている自動バッチ処理機能は単純処理であれば可能です。

 

しかし、実際にネットショップで撮影される商品写真の加工要件は商品の種類や大きさもそれぞれ異なり、一定の値での単純なバッチ処理はほとんどの場合機能しません。

 

ZenFotomaticが他の画像加工ソフトともっとも異なる点は、我々独自の画像認識技術を用い、撮影された未加工の画像内において、何が被写体かを自動で認識する機能を有している事です。

 

被写体の自動認識を大量の画像に対し一括でおこなう技術は、現在においても非常に高度なものであり、未だ完全なものではありませんが、日々進化しています。

 

これを有するZenFotomaticだからこそ、転換率・コンバージョンの高い、白抜きの商品画像作成に必要な細かい様々な処理を、大量且つそれぞれ要件の異なる写真に対し、一括自動処理を可能としています。

 

 

特に画像内における被写体の位置の統一や、完全なセンタリング、リサイズ値と余白値に合わせた被写体の拡大縮小等々は非常に手間のかかる、且つ人間の手作業では限界のある作業となります。

 

これらを1クリックでバッチ処理できるZenFotomaticを利用する事で、膨大な作業時間と莫大なコストが約90%以上軽減できます。

 

 

他のソフトを使用して熟練のレタッチャー(画像処理専門技術者)が1枚1枚の手作業加工によってコストと多くの時間をかけられる場合はその方が良い結果を得られる場合もあるでしょう。

 

一方、髪の毛等の細かく複雑な処理はZenFotomaticの[自動加工]の方が高いクオリティーとなる場合もあります。

 

しかしそのような細かく複雑な処理を外注に出すと、非常に高額なコストがかかりますが、ZenFotomaticでは画像の種類によって加工にかかる単価が異なる事はございません。

 

多くの場合商品画像の白抜きや切り抜き作業は、技術を必要としながらもクリエイティブな作業ではい"複雑作業"の繰り返しとなります。

 

またこの作業は日々発生するネットショップの重要な仕事であるにもかかわらず、あらゆる点において非常に属人的で非効率です。またそれが社内教育コストや、人材獲得が難しい等々の様々な問題を引き起こし、ワークフローの乱れを招き、商品登録の遅れから売上低下・資金繰り悪化などの要因にもなりかねません。

 

ZenFotomaticは単なるコストダウンや効率化だけではなく、これらの問題解決にも大変効果的です。

 



グラムス株式会社
〒590-0952 大阪府堺市堺区市之町東5-2-11-3F

ZenFotomaticへ戻る