PAGE TOP

ZenFotomaticで加工できる画像できない画像

ZenFotomaticはどんな画像でも加工が出来る訳ではありません。

まずは加工できる画像とできない画像について理解しましょう。

 

↓ まずは動画をご覧ください ↓

1.白い背景上で撮影されていることが必要です

ZenFotomaticは白い背景上で撮影された画像を加工するためのツールです。

テーブルの上など余分な背景が写っている画像などは加工できません。

一般的に商品撮影で利用されている撮影環境で商品の撮影を行いましょう。

<NG>加工が出来ない画像

2.綺麗に撮影ができていない画像はうまく加工できない場合があります

ZenFotomaticは被写体(商品)自体には基本加工をしない仕様になっています。

ですので元の画像のクオリティが低ければどれだけ加工をしてもきれいな商品画像にはなりません。

上手に商品撮影をする方法もマスターしましょう。

 

商品撮影テクニック >

3.白い商品は撮影時に工夫を

白い商品を加工すると商品まで白くなってしまう場合があります。

白い商品をきれいに加工するために撮影時に工夫をしてみましょう。

ZenFotomaticで加工できるだけでなく画像自体が綺麗なものになります。

 

白背景上で白い商品を撮影する方法 >

4.透明な被写体の加工は難しい

ZenFotomaticはガラス製品などの透明な被写体の加工があまり得意ではありません。

白い商品と同様に撮影方法を工夫することでうまく加工することも出来ますが、透明な被写体を加工することはあまりお勧めしていません。

(※現在開発チームで加工精度の向上に努めています。近い将来透明な被写体の加工も可能になる予定です。)



グラムス株式会社
〒590-0952 大阪府堺市堺区市之町東5-2-11-3F