商品撮影の注意点

Zenfotomaticで加工できない画像

綺麗な商品画像を作成するためには、撮影の時点で最低限の準備をする必要があります。

下記の様な画像は加工が失敗する可能性があります。

 

×背景が白ではない画像

×背景紙に目立つシワや汚れがある

×背景紙に凹凸や色の差がある


×背景に繋ぎ目がある

×透明の商品

×商品との余白が狭すぎる


1.撮影する際は必ず白の背景紙を使用

ZenFotomaticを利用するには白の背景紙を使用して撮影をしましょう。

 

 

 

 ❶まず、商品に対して十分に余裕のある白の背景紙を設置しましょう。


 

 

 

 

 

❷設置した背景紙の中心に商品を置きましよう。

背景紙の余白を十分にとりましょう。

 

 


2.背景紙は必ず上下または左右のどちらかが接するようにします

 

 

 

ZenFotomaticで自動加工するには、画像の様に上下(又は左右)が画像のフレームに接している必要があります。

 


背景が一部しか接していない、四辺全てが画像の縁から離れていると言ったように条件を満たしていない場合は背景が残る事があります。

▼背景紙が下にしか接していない

▼隣接した2編だけが接している

▼背景紙を囲む様に背景が写り込んでいる


3.ライティングはトップライトで撮影

ライトは撮影場所が明るい場合は必要ありません。

もし撮影場所が暗い場合は下記を参考にライトを設置しましょう。

 

 

 

 

 

 

正面からライトを照らすと背景に強い影が出るので、ライトは商品の上部から照らします。