リサイズ機能

リサイズ機能

リサイズ機能では、画像をトリミングする事が可能です。 

 

 

 

まず、左のリサイズ機能のアイコンをクリックします。

 

すると設定画面が出ます。


 

 

 

リサイズ値はpixel、パーセント、比率で指定ができます。


1.サイズ値を指定

 

 

 

【サイズ値を指定】ではPixelで加工後の画像サイズを指定する事が可能です。


リサイズ値は初期設定では横600pixel:縦500pixelとなっています。

元画像が横3000pixel:縦2000pixelの画像を初期設定で加工すると下記の様な加工結果となります。

2.パーセントで指定

 

 

【パーセントで指定】では元画像を基準にパーセントで加工後の画像サイズを指定する事が可能です。

 


パーセントで指定の初期設定は横100%:縦100%となっています。

元画像が横3000pixel:縦2000pixelの画像を初期設定で加工すると下記の様な加工結果となります。

 

※参考画像の様に商品が比較的小さく撮影されている場合は、100%での加工は商品の画素が荒れる可能性があります。

3.縦横比で指定

 

 

【縦横比で指定】では縦横の比率と、縦横最大値で加工後の画像サイズを指定する事が可能です。

 

❶指定したい比率を横と縦に入力します。

 

❷指定した比率に対して横と縦の最大値をpixelで指定します。

画像はここで指定された数値を超えないように加工されます。


縦横比で指定の初期設定は【横6:縦5】の【横最大600pixel:縦最大値500pixelとなっています。

元画像が横3000pixel:縦2000pixelの画像を初期設定で加工すると下記の様な加工結果となります。

元画像が横3000pixel:縦2000pixelの画像を次の設定で加工すると下記の様な加工結果となります。

【横10:縦8】【横最大値1000pixel:縦最大値800pixel

元画像が横3000pixel:縦2000pixelの画像を次の設定で加工すると下記の様な加工結果となります。

【横10:縦4】【横最大値1000pixel:縦最大値800pixel

縦が400pixelとなりましたこれは縦の比率が4で横の最大値1000pixelに対して比率を守と縦は400pixel以上は大きくできないためです。

フィッティングモード

 

 

【余白設定機能】または【背景除去機能】がオフの時にのみ有効となる機能です。

被写体の切り出し方を指定する事が可能です。

 

※背景除去がONで余白設定機能を使用している場合はフィッティングモードを選択しても動作しません。 


【フィッティングモード:左】

フィッティングモードの左側はリサイズ値が現在の画像より小さい場合、画像の一部を切り取ります。

 


元画像が横1000pixel:縦800pixelの画像を次の設定で加工すると下記の様な加工結果となります。

リサイズ機能:【リサイズ値を指定【横400pixel:縦800pixel

フィッティングモード:左

元画像の幅1000pixelよりも小さな400pixelを指定したので、画像の一部が切り取られました。

【フィッティングモード:右】

フィッティングモードの右側はリサイズ値が現在の画像より小さい場合、商品が画像内に収まるように自動で商品サイズを調節します。

 


商品の周りに自動で余白がつき、画像内に収まるように商品サイズが調節されました。