PAGE TOP

ZenFotomatic講座 撮影編


ZenFotomaticサポートです!

 

今回は撮影環境の整え方についてです。

 

前回、場所選びまで完了しましたが実際に撮影してみると、事務所がどうしても暗すぎると行った事も有るのではないでしょうか?

 

 

できる限り予算をかけたくない、できれば今のままで撮影ができれば・・・。

 

とは思ってしまうものの、最低限の準備は必要です。

 

 

今回は撮影商品の大小に合わせて、最低限必要な撮影環境の整え方をご提案いたします♪

小物などの場合・・・

用意するもの

 

・背景紙(小)

・レフ板(A4前後)

 


 小さめの白背景紙は購入可能。

 

縦横が1m以内の模造紙などは100円均一にも有るため、商品が小物の場合はそちらでも使用可能です。

 

ただし、安いものですと、芯がない状態で販売されていることも多く、シワや折り目があるなどデメリットもあります。

撮影専門のレフ板は買えませんが、商品撮影では100均一に有る様な白の板で充分です。

 

カラーボード等の名前で売られている、スチロールに白い紙を貼り合わせたものをレフ板代わりにします。

この様なセットを組む事が可能です。

レフ板は撮影時に必要な時だけ使います。


バッグなど大きなものを撮影するならば・・・

用意するもの

 

・背景紙(ロール)

・簡易の背景紙スタンド

・レフ板(A1前後) 


通常の撮影で使う背景紙のロールを購入する事ができます。

 

撮影機材のメーカーから出ているものですとお値段が張りますが、ノンブランドの物でしたらAmazonなどで比較的お安く手に入ります。

背景紙をかける為の簡易のスタンドを作成する事が可能です。

 

弊社では突っ張り棒と物干し竿での作成をご紹介していますが、こちらはホームセンターなどで購入が可能です。

この様なセットを組む事が可能です。

 

 

 


あれば良い物・・・

撮影場所が暗すぎる場合は、カメラの設定だけではどうにもならない事もあります。

 

そう言った場合は、定常光のライトがあると便利です。

 

定常光のライトがあると、明るさだけではなく、影のつき方をコントロールしたりするのにとても便利です。

 

 

定常光についても、Amazonなどで購入可能です。

機材の設置方法

実際にセットを作っていきましょう。

 

今回は背景紙を使用し、ライトを使ったセットの場合です。

 

ロール紙の場合は、背景紙をスタンドに通して壁から垂らします。

 

机の端まで持ってきて貼り付ければ背景紙の準備は完了です。

 

端から少し垂らして貼り付けれる場合は、めくれ防止のためにそうしましょう。

ライトを商品の真上から照らします。

 

これだけで撮影のセットは完了です。


まとめ

 

白背景が好ましい理由はもう一つあります。

背景を白にする事で、光を反射するためレフ板効果が少し出て、商品を美しく明るく撮影できます 。

 

できる限り商品を明るく撮影するためにも、白背景にすることは重要です。

 

 

予算の範囲で、できる限り綺麗に撮影できる様にしましょう!

 

 



グラムス株式会社
〒590-0952 大阪府堺市堺区市之町東5-2-11-3F