PAGE TOP

他の画像加工ソフトの自動バッチ処理機能との違いは?

 

一部の画像編集ソフトウェアに備わっているバッチ処理機能との違いは以下のとおりです。

 

【他のソフト】

リサイズ

 

【ZenFotomatic】

・リサイズ

・被写体のセンタリング

・上下左右で設定された余白値に合わせた被写体サイズの自動補正

・被写体の自動角度補正

・写真に応じた自動明暗補正

 

上記のように、他のソフトのバッチ処理で不可能な作業がZenFotomaticで可能な理由はZenFotomaticが備えている以下の機能がポイントとなります。

・撮影された未加工の画像内において、何が被写体かを自動で認識

・ネットショップのバックヤード業務を理解した我々ZenFotomaticチームが商品画像に特化し、開発している

 

同じ形状や色味の被写体が同じ環境下で且つ画像サイズ内での被写体位置も"完全に"同じ様に撮影された写真であれば他のソフトでもバッチ処理でもZenFotomaticに近い処理を行う事は可能かもしれませんが、ネットショップの撮影業務ではこれらは現実的ではありません。

 

1枚ずつの画像処理においては、現状ではZenFotomaticの[自動加工]よりもプロユースのソフトウェアで1枚1枚熟練のレタッチャーが処理した方がクオリティーが高い場合もありますが、一方髪の毛等の細かく複雑な処理はZenFotomaticの[自動加工]の方が高いクオリティーとなる場合も多々あります。

 

尚、髪の毛等の細かく複雑な処理を外注に出すと、作業レベルとしても時間と技術を要する事から非常に高額なコストがかかりますが、ZenFotomaticでは画像の種類によって加工にかかる単価が異なる事はありません。

 



グラムス株式会社
〒590-0952 大阪府堺市堺区市之町東5-2-11-3F